●日本経済新聞電子版:池上彰の大岡山通信 若者たちへ
「大学の入試選抜基準 米、異なる平等性の視点」掲載!

 日経新聞にて連載中のコラム「大岡山通信 若者たちへ」が更新されました。(10月22日朝刊)

 女子受験者から一律減点、現役や一浪までの受験生に加点・・・一部の医科大学の入学選抜試験で、理不尽な得点操作が行われていたことが明らかになりました。入学試験は、そこで学ぶにふさわしい人材の”Selection”(選考)ではありましょうが、”discrimination”(差別)ではないはずです。そもそも大学とは、誰のための、何のためのもの・・・?答えは様々としても、少なくとも学びたい人たち、学生たちの利益、という観点は、忘れてはならないのではないでしょうか。

※ 記事を読むには日本経済新聞 電子版への会員登録が必要です。(1ヶ月10記事まで無料)