●日本経済新聞電子版:池上彰の大岡山通信 若者たちへ
「AI時代の生き方 何を学び、どう働きたいか」掲載!

 日経新聞に連載中のコラム「大岡山通信 若者たちへ」が更新されました。(1月28日朝刊)

 AIが人間の能力を超える「シンギュラリティー(技術的特異点)」を迎えると言われる2045年。私たちの仕事や暮らしはどうなるのでしょう。お馴染みの職業が無くなったり、全く新しい仕事が生まれたり・・・私たちはまたも大変革を経験するかもしれません。しかし、どんな社会を作るか、どんな生き方を「幸せ」と定義するかを決めるのは私たち。特定の勝負でAIに負けたとしても、幸せ追求のイニシアティブは私たちが握っていかなければなりません。そのために何を考え、何を学んでいけばいいのか・・・ ボーっと過ごしてチコちゃんに叱られないようにしたいですね。

※ 記事を読むには日本経済新聞 電子版への会員登録が必要です。(1ヶ月10記事まで無料)