●日本経済新聞電子版:コラム 池上彰の現代史を歩く
「聖地エルサレム 壁と銃が支える共存の現実 」掲載!

 日本経済新聞電子版「池上彰の現代史を歩く」コラムが更新されました(6月18日朝刊)。

 トランプ米大統領が駐イスラエル米大使館をテルアビブからエルサレムに移し、“首都”と認めて以来、中東では抗議デモや衝突で多数の死傷者が出ています。寺と神社が共存し、至る所に「神様」「仏様」が祀られる日本に住む私達は、宗教対立と聞くと自分達とは縁遠いもののように感じてしまいがちですが、現地の声からは、単なる信仰の対立だけではない、様々な起因と問題が見えてきます。宗教云々とはまた別の、「人間」すべてに潜在する普遍的な火種を、池上取材から考えてみませんか。


※ 日本経済新聞電子版コラム「池上彰の現代史を歩く」は、テレビ東京系列で放映中の同名番組との連携企画です。「池上彰の現代史を歩く」掲載時は、「池上彰の大岡山通信 若者たちへ」はお休みとなります。

※ 記事を読むには日本経済新聞 電子版への会員登録が必要です。(1ヶ月10記事まで無料)