2018年10月25日(木)「ニッポンの革新力」シンポジウム
~金融危機から20年。これからの日本の金融を支える人材~

「日経イベント&セミナー」お知らせページより>

「ニッポンの革新力」シンポジウム
~金融危機から20年。これからの日本の金融を支える人材~

 銀行が相次ぎ破綻した金融危機から20年、リーマンショックから10年という節目を迎える2018年。この間、目まぐるしい変化にもまれてきた金融業界は、テクノロジーの変化や金融機能の多様化に伴い、今また、新たなイノベーションが求められ激変の波にさらされています。
 本シンポジウムでは、この激動の20年を振り返るとともに、これからの日本の金融業界が目指すべき姿と支える人材像を探ります。

■ 開催日時: 2018年10月25日(木) 10:00~17:30(開場9:30)
■ 会場: 慶應義塾大学三田キャンパス 西校舎ホール(東京都港区三田2)
■ 受講料: 無料
■ 定員: 第1部・第2部 各400名(※入替制)
■ 主催、共催
(第1部)主催:慶應義塾大学経済学部、共催:日本経済新聞社
(第2部)主催:日本経済新聞社、共催:慶應義塾大学経済学部
■ 申し込み: web・お知らせページの「お申込み」から
■ 申し込み締切: 2018年10月17日(水)
  *申し込み多数の場合は抽選、メールで連絡。当選の発表は受講券メールの連絡をもって代えさせていただきます。

【プログラム・講師】
お知らせページでご覧ください。池上さんの登壇は、第2部のトークセッション1「金融危機から現在までの20年を振り返る(仮)」予定です(13:00~14:00)。