●日本経済新聞電子版:池上彰の大岡山通信 若者たちへ
「歴史の記憶 風化への憂い」掲載!

 日経新聞にて連載中のコラム「大岡山通信 若者たちへ」が更新されました。(8月6日朝刊)

 今年も8月6日がやってきました。73回目の広島「原爆の日」です。数十年、数百年の歴史は確かに長いものだけれど、人間の本質を変えるには短すぎる・・・過去の戦争や、その前後に見られた兆候、世界情勢を振り返るにつけ、そんな思いに駆られます。「人間の本質」に任せて問題を放っておけば、負の歴史は簡単に繰り返されてしまう。なかなか変えられない人間の本質を抱えながら、平和を維持していくためには・・・?今年も平和の鐘の音を聞きながら考えてみたいものです。

※ 記事を読むには日本経済新聞 電子版への会員登録が必要です。(1ヶ月10記事まで無料)