●日本経済新聞電子版:池上彰の大岡山通信 若者たちへ
「教え子との読書会 世界を知り日本を考える」掲載!

 日経新聞にて連載中のコラム「大岡山通信 若者たちへ」が更新されました。(9月25日朝刊)

 9月中旬、池上教授が教え子たちと開く読書会の第二回目が開かれました。お題の書籍はビル・エモット著『「西洋」の終わり』。「居酒屋のような雰囲気」の和室に掘りごたつ・・・は、なんと東工大キャンパス内。ここで池上さんと読書会なんて羨ましい限りですが、さて若い参加者の議論はどう展開したのでしょうか。かつて、日本のバブル崩壊を予測した『日はまた沈む』で反響を呼んだエモット氏が、何を指摘しているかも気になります。読書会に参加したつもりで、一緒に読んでみませんか。

※ 記事を読むには日本経済新聞 電子版への会員登録が必要です。(1ヶ月10記事まで無料)