●日本経済新聞電子版:池上彰の大岡山通信 若者たちへ
「『科学』を認めない人々 パリ協定離脱と米国(下)」掲載!

 日経新聞にて連載中のコラム「大岡山通信 若者たちへ」が更新されました。(7月31日朝刊)

 石油・石炭産業との強固な結びつきゆえ、そもそも環境対策には消極的だと言われる米共和党。トランプ大統領も6月、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」からの離脱を表明しました。この判断は、本当に同国にとって「得」になるのか。ひょっとしたら、大きなチャンスを逃してしまっているのではないか・・・。地球規模で、遠い先の未来を見通して、真に「広い視野」に立って考える大切さを意識しながら、今週も池上さんと考えます。

※ 記事を読むには日本経済新聞 電子版への会員登録が必要です。(1ヶ月10記事まで無料)