●日本経済新聞電子版:池上彰の大岡山通信 若者たちへ
「生き残りへリスク読む ~経済は生きている(下) 」掲載!

日経新聞にて連載中のコラム「大岡山通信 若者たちへ」が更新されました。(5月29日朝刊)

先週に引き続き、池上さんと経済学を考えます。「資源の最適配分を考える学問」である経済学。人々が戦争や貧困という深刻なリスクに直面したときは、豊かで平和な暮らしを実現するための「処方箋」を提案してきました。でも、どの時代にも通用する万能な処方箋はありません。今を生きる私たちの安心・安全のためには、今を生きる私たち自身が独自の処方箋を考えなくてはなりません。そのためにも、経済の仕組みと歴史を学ぶことは不可欠のようです。

※ 記事を読むには日本経済新聞 電子版への会員登録が必要です。(1ヶ月10記事まで無料)