●日本経済新聞電子版:池上彰の大岡山通信 若者たちへ
「9.11から15年(3) 米イラク攻撃が生んだ『イスラム国』」

日経新聞にて連載中のコラム「大岡山通信 若者たちへ」が更新されました。

米同時多発テロからの15年を振り返るシリーズの最終回、テーマは「イラクとIS」です。
米大統領選で、「ISはオバマとヒラリーが創設した」と独自の主張を展開した共和党トランプ候補。本当にそうなのでしょうか。ISの前身を発生させたイラク国内の宗派対立、それを引き起こしたアメリカのイラク攻撃。そもそもアメリカはなぜイラクを攻撃したのか。時間を遡って検証、再考すること、現代史を学ぶ意義を、池上さんが再度訴えます。

※ 記事を読むには日本経済新聞 電子版への会員登録が必要です。(1ヶ月10記事まで無料)