日本経済新聞電子版:池上彰の大岡山通信 若者たちへ
「書店は街のテーマパーク 芳林堂書店の思い出」

日経新聞にて連載中のコラム「大岡山通信 若者たちへ」が更新されました。

街の書店が相変わらず数を減らし、若き池上青年が通った大型書店も、店舗こそ存続するとは言え運営会社が自己破産を申請しました。「街の文化の灯が消えていく」— そう嘆く池上さんの「知」を支える大きな柱は新聞と本だそうですが、そうした「知」を形作るべく、書店を「テーマパーク」のように楽しみ、活用する術とは、どのようなものなのでしょうか。

※ 記事を読むには日本経済新聞 電子版への会員登録が必要です。(1ヶ月10記事まで無料)