日本経済新聞電子版:池上彰の大岡山通信 若者たちへ
「反トランプ氏で結集できないワケ 米大統領選の現場から」

日経新聞にて連載中のコラム「大岡山通信 若者たちへ」が更新されました。

アメリカ大統領選挙の共和党候補者選びでは、暴言を繰り返す不動産王ドナルド・トランプ候補がトップを独走中。予想以上の勢いに「このままだと共和党の恥になる」という危機感から、党内主流派に困惑が広がっているようです。しかし、2位のクルーズ氏に票を集中させる訳にもいかない・・・その理由とは?まさに「蓋を開けてみなければわからない」、選挙の難しさが感じられます。

※ 記事を読むには日本経済新聞 電子版への会員登録が必要です。(1ヶ月10記事まで無料)