●朝日新聞デジタル:池上彰の新聞ななめ読み
高市氏の電波停止発言 権力は油断も隙もない

朝日新聞連載コラム『新聞ななめ読み』の新しい記事が掲載されました。(2月26日朝刊)

「国が放送局に電波停止を命じることは可能」と、一国の大臣が発言する。その重大さを、私たちもしっかり認識する必要がありそうです。国民の「無関心」こそが、言いたいことを言えない世の中をつくってしまう一番の原因となってしまうのかもしれません。政治的思想以前に、権力というものは本質的に「油断も隙もない」ものだという前提のもと、然るべき危機感を持って、国民が政治を「監視」する。その意義を、池上解説から考えてみませんか。

※記事を読むには朝日新聞デジタルへの会員登録が必要です。(1日3記事まで無料)