●日本経済新聞電子版:池上彰の大岡山通信 若者たちへ
「日韓交渉で何があった? 現代史伝える新聞の役割」

日経新聞にて連載中のコラム「大岡山通信 若者たちへ」が更新されました。

日韓基本条約が結ばれて50年。日韓関係は冷え込みが続いてきたものの、6月22日には日韓両国で記念行事が行われ、それぞれ首脳が出席しました。

条約締結までに14年もかかった日韓交渉で、何があったのか。
当時の記事や著書を再構成したものが、先般、日経新聞に掲載されました。

ニュースの積み重ねが歴史になる・・・そこで果たす新聞の役割の大きさを池上さんが指摘しています。
隣国同士の現代史をもう一度学び、考えてみる、良い機会にもなりそうです。

※記事を読むには日本経済新聞 電子版への会員登録が必要です。(1ヶ月10記事まで無料)