●4月12日(日)夜7時54分〜9時48分(テレビ東京)
池上彰のJAPANプロジェクト

テレビ東京開局記念日の4月12日(日)に、昨年に続き、報道特別企画 「池上彰のJAPANプロジェクト」の放送が決定しました!

昨年2回放送され、第3弾となる今回は、「世界の“命の現場”で奮闘する日本人」がテーマ。
池上さんが特製模型や取材映像を駆使して、分かりやすく世界情勢を解説。
合わせて、世界中の“危ないと言われる地域”で活動する日本人と生放送でつなぎ、“命の現場”の最新情報を伝えます。

また、日本国内で元CIA工作員の独自取材に成功。世界中を脅かすテロ集団「イスラム国」がこれから何を起こすのか、アメリカがどう動くか、どう攻め落とすのかなどの戦略を聞き出します。
そして、過激派の掃討作戦に使用されているドローン(小型無人飛行機)の有効性などについても解説。

パックンがフィリピン・ミンダナオ島のイスラム戦線兵士を現地取材。独立運動を展開する過激派組織「モロ・イスラム解放戦線」の兵士たちの本音を聞き出したり、さらにその地域にいた孤児を預かって図書館を運営する日本人男性に密着も。

■池上彰のコメント
「池上彰のJAPANプロジェクト 第3弾」は、世界に目を向けてみました。ことしに入ってからも世界各地でテロが絶えません。
最近、チュニジアの博物館では日本人がテロに巻き込まれて犠牲になりました。いったい今、世界で何が起こっているのでしょうか?混沌とする世界情勢を解説します。
実はこの3月、元CIA工作員と日本国内で会い、インタビューに成功しました。混乱する世界でアメリカはどう出るのか?鍵を握る兵器「ドローン」をどのように使うべきなのか?山ほどの質問を浴びせました。